特定非営利活動法人 友訪 (NPO法人)

就労継続支援B型事業所 コミュニティルーム友訪

共同生活援助事業所 グループホームもやい

東京都西東京住吉町6-11-16 tel 042-438-0091

 

 友訪のホームページを開いていただき、ありがとございます。NPO法人友訪は平成9(1997)年に「精神障害者共同作業所コミュニティルーム友訪」として西東京市に誕生しました。
 わが国の障がい者の施策は身体障がい者から知的障がい者、そして精神障がい者へと進み、近頃は発達障がい者、高次脳機能障がい者、難病の方々も含むようになりました。
精神障がい者の場合は複合的な原因で精神疾患に罹り、病院で治療しながら社会参加している人もいるわけですが、友訪は働く場の提供として始まりました。平成17(2005)年には特定非営利活動(NPO)法人を取得し、平成19(2009)年には生活の場として「共同生活援助事業所グループホームもやい」を開所し、支援を必要としている方々の日中と夜間の生活の丸ごとの支援が出来る態勢が整いました。
 しかし「グループホームもやい」は3年間の期限付きの事業でしたので、利用された方の中には「友訪の継続した支援があった方が幸せ」という方もいらっしゃるので滞在型のグループホームを平成26(2014)年1月に開所しました。
 友訪の簡単な沿革を紹介しましたが、このように友訪は関係者のニーズ、実践してきた上でのニーズに応じて事業を展開してきましたが、この運営方針は今後も変わることなく進めていきたいと考えております。
 平成25(2013)年12月にわが国も障がい者権利条約が批准されました。これまで私どもが考えてきた「障がい者の正しい理解による適切な支援」「多様性と個別性を尊重された雇用」「ライフステージにおける自己実現の可能な社会」などが今後益々推進されることを願っております。みなさまの物心両面にわたるご理解とご支援を今後とも宜しくお願い申し上げます。

理事長 星 登志雄

太陽が出たら目をさまし、夜になったらぐっすり眠る、食事をして栄養をとり、活動する、
この生活のリズムって大切ですよね。
仲間といっしょに話したり、スポーツしたりする楽しみ、仕事をして役立つ喜び。
コミュニティルーム友訪はそんな活動をやっています。

共同生活援助(グループホーム)グループホームとは、
地域で共同生活を営むのに支障のない障害者の方々に対し、共同生活住居内での相談や、
その他の日常生活上の援助を行う事業です。
グループホームもやいは、利用者が地域社会において健全な日常生活を営めるよう、
それぞれの方の身体的状況や精神的状況など、そのおかれている状況に応じて適切な援助を
心がけながら、関係機関との連絡や調整、金銭管理の援助、
その他日常生活上で必要なことのお手伝いをしています。

友訪を支える会

ご案内

支える会へのご入会をお待ちしております。

共同社会とは、子どもも、障がい者も、お年寄りも、
あなたご自身も、お互いを尊重しながら自分らしい人生を送ることができる社会。
少数派である障がい者の人たちには“関心”“知る”“関わる”のプロセスが大切。
友訪に、あなたのお力をお願いします。

ご入会はこちら

会員の方には、会報をお届けしています。

NPO法人友訪ではボランティア・スタッフさんを募集中です 詳細等は、お問い合わせ下さい。

   

特定非営利活動法人 友訪

就労継続支援B型事業所 コミュニティルーム友訪
共同生活援助事業所 グループホームもやい
東京都西東京住吉町6-11-16 tel 042-438-0091